黄大仙の blog

何にでも首を突っ込みたがる好奇心旺盛なOJISANブログです。

ファーウェイ

規制回避? 中国通信大手のファーウェイが米国の大学に秘密裏に資金を提供

ブルームバーグは、ファーウェイがワシントンD.C.に拠点を置く独立財団を通じて、ハーバード大学など米国の大学の最先端研究に秘密裏に資金を提供していると報じました。ファーウェイはこれに対し、同財団との協力は世界的な研究の支援と学術交流の促進を目…

インテルチップ搭載のファーウェイの新製品に米議員が怒り心頭

米国から制裁を受けている中国の通信機器大手ファーウェイは11日、インテルのAIチップを搭載したノートパソコンを発表しました。 これが米共和党議員の不満に火をつけ、12日にはバイデン政権への批判が巻き起こりました。

SMICとファーウェイ、米国の輸出規制にもかかわらず5nmチップを生産目指す

SMICは、米国と同盟国が中国の先端半導体技術と装置の輸出に厳しい制限を課しているにもかかわらず、上海に新しい半導体製造ラインを設置することに成功したと、英フィナンシャル・タイムズ紙が報じました。フィナンシャル・タイムズ紙は、SMICは既存の米国…

表面はファーウェイ 中身はTSMC テクノロジーは「ファーウェイ」のようだ

中国の通信大手ファーウェイの最新ノートパソコンOptimus L540を、半導体業界の監視団体「TechInsights」が解体し、米国が対中国半導体制裁を発動したのと同時期の2020年に、TSMCが製造した5ナノメートル・チップが搭載されていることが判明しました。

ドイツ政府、ファーウェイの5G技術を禁止へ

ドイツの複数のメディアは、ドイツ政府がドイツ国内でのファーウェイの5G機器および部品の使用を禁止する計画であると伝えました。これは、中国企業への依存低減やセキュリティリスク低減を目的とした、産業技術政策の再構築の一歩と見られています。

バイデン政権、米国企業のファーウェイからの全面切離しを検討中

バイデン大統領は現在、インテルやクアルコムなどすべての米国企業からファーウェイへの供給を停止することを検討しており、米国政府当局は中国の技術部門に対する包囲網を広げています。

ファーウェイとノキアが技術ライセンス契約継続で合意  米国メディア:米国の制裁への挑戦

通信機器中国最大手の華為技術(ファーウェイ)とフィンランドの通信機器世界大手ノキアは23日、スマートフォンとネットワーク技術の相互ライセンス契約を継続することで合意したと発表しました。

FBIの調査により、ファーウェイの機器が米国の核兵器基地の通信を妨害する恐れがあることが判明

米戦略核兵器を運用する戦略軍の通信が、米軍基地近くに設置されたファーウェイ社製の通信機器により阻害される恐れがあると、FBIの調査結果として複数の関係者の話を基に米メディアが伝えました。

ドイツ政府 通信事業者のファーウェイ機器の使用を禁止する可能性

ドイツ内務省は、ネットワーク事業者が中国製の主要部品を使用することを禁止し、すでに設置されているものは撤去しなければならないことを確認しました。

ワシントンポスト紙:ファーウェイが中国政府のウイグル人監視システム関与していたことを示す文書を報じる

欧米諸国には、中国の通信大手であるファーウェイの製品が、ウイグル人監視に利用されているのではないかと懸念しているところもあり、ファーウェイはこれを否定しています。しかしワシントン・ポストが、新疆ウイグル自治区に設けられた労働・再教育施設用…

米国が中国製の通信機器規制を強化  バイデン大統領が法案に署名

バイデン米大統領は、アメリカ東部時間11月11日に、安全設備法(Secure Equipment Act)に署名しました。この法案は安全保障上の問題があると判断された企業が、新たな通信機器ライセンスを取得できないようにすることを目的としており、中国の通信・技術企業…

孟晩舟の身柄引き渡し事件の最終評決を前に、中国で拘束中のカナダ人への判決が相次ぐ 死刑と懲役11年

カナダで審理中のファーウェイCFO孟晩舟氏身柄引き渡し裁判の審理が、8月10日に終了し、まもなく最終結果が発表されます。評決に影響を及ぼそうとするかのように、中国で拘束中のカナダ人に対して、相次いで死刑、懲役11年の刑罰が言い渡されました。

カナダで拘束中のファーウェイCFO孟晩舟氏の裁判が審理再開、最終段階に入る

カナダで拘束されている、ファーウェイの最高財務責任者である孟晩舟氏の身柄引き渡し裁判が、8月4日に再び始まりました。 これにより、2年以上に渡って続けられてきた訴訟は最終段階に入りました。

ルーマニアが、中国とファーウェイを5Gネットワーク開発から事実上排除

ルーマニアのクラウス・ヨハニス大統領は6月11日に、安全保障上の懸念から、中国とファーウェイが同国の5G通信ネットワークの開発に参加することを事実上禁止する法案に署名しました。

米国とカナダは、2人のカナダ人の釈放と引き換えに孟晚舟の起訴を停止する秘密交渉を行っていたことが判明

ファーウェイの最高財務責任者(CFO)である孟晩舟氏の身柄引き渡し事件について、中国が報復として「国家安全保障を危険にさらした罪」で投獄したカナダ人と引き換えに、カナダが「孟晩舟の起訴を停止したい」と考えていると報じられています。

インド5G試験で中国企業を排除 中国政府は遺憾の意を表明

インド電子情報技術省の発表よりますと、インドでの5G通信実験へ中国企業の参加が認められませんでした。中国政府はこの動きを懸念しています。

ファーウェイ海外での売上高は減少したが、純利益は増加

中国のファーウェイは3月31日に2020年の年次決算を発表しました。2020年の事業は小幅な増益となりましたが、新型コロナの流行や同社が米国の制裁リストに掲載されたことなどにより、海外での販売収入が減少しました。

孟晩舟の弁護士が「事件は米国と無関係」と主張

ファーウェイの孟晩舟をめぐって、カナダの法廷で繰り広げられる米中代理戦争。弁護士は事件は米国とは関係ないと主張し、検察官は管轄件は米国にあると主張しています。

ファーウェイはウイグル人を識別して政府に情報を送信するアプリをテスト中

ファーウェイはすでに、ウイグル人を体系的に識別し、政府部門に「ウイグル人アラート」を自動的に送信することができる顔認証ソフトウェアをテストしていると、情報提供サイトが明らかにしました。 //

トランプ大統領退陣間近 ファーウェイ孟晩舟氏が保釈条件緩和を申請 メディアは「もう釈放しても良い頃」

ファーウェイの副会長兼最高財務責任者の孟晩舟氏は1月12日、保釈中の制限を緩和するように、保釈条件の変更を申請するため、カナダのブリティッシュコロンビア州高等裁判所に出頭しました。 //

孟晩舟弁護団が保釈条件緩和を求める ファーウェイ叩きは止まらない

カナダで軟禁が続くファーウェイCFO孟晩舟氏ですが、カナダによって米国に送致される可能性があり、孟晩舟氏の弁護士は、カナダ当局に孟晩舟の新に保釈条件を緩和するよう求める予定であると述べました。 //

ファーウェイ、アリババがウイグル人の顔認証ツールを開発

ファーウェイがウイグル人の顔を認識して自動的に「ウイグル人アラート」を発行するソフトウェアをテストし、アリババもウイグル人やその他の少数民族の顔認識ツールを開発したと報じられました。 //

華為CFO孟晩舟が法廷に出廷 弁護団は米国司法省と釈放条件をまとめたのか

カナダで起訴され保釈中のファーウェイCFOの孟晩舟が、12月7日にカナダ・バンクーバーの裁判所に出廷しました。米国検察当局と孟晩舟の弁護士との取引で釈放されるのではないかと噂されていましたが、どのような進展があったのでしょうか。 //

ファーウェイCFO孟晩舟事件が2年ぶりに解決か。 12月8日(日本時間)にカナダの裁判所に出廷 米国の検察当局が弁護士との取引を協議

米国の検察当局は、ファーウェイCFOの孟晩舟に対する刑事告発を解決するために、孟晩舟の弁護士との取引を協議していると報じられました。この展開は、米国、中国、カナダの間で緊張をもたらしている孟晩舟事件の終結が宣言される可能性があることを示してい…

孟晩舟の案件は膠着状態 カナダ・トルドー首相は「公開せず」議会からは中国に甘すぎるの声も

ファーウェイの孟晩舟がカナダで逮捕されてから、まもなく2年が過ぎようとしています。中国共産党政府からは報復的な処置を取られながらも、トルドー首相は毅然とした態度を変えていません。野党議員も対中国共産党の動きを強めています。 //

カナダで拘束中のファーウェイ副会長孟晩舟が出廷 カナダ当局の逮捕手続きを非難

米当局は孟晩舟を金融詐欺の罪で告発し、HSBC HSBA.Lからファーウェイのイランでの事業活動を隠蔽したことで、HSBCが米国の対イラン制裁禁止令に違反したことにつながった。孟晩舟弁護団は、カナダ当局が孟晩舟の電子機器の識別情報の詳細を共有するなど、米…

米国国務次官がキプロスに5Gで中国企業を排除するよう警告 中国大使館が猛烈に反論

米国国務次官がキプロスに、中国の5Gサプライヤーを採用しないよう警告しました。信頼性が低くリスクが高いことが理由だとしていますが、これを受けて在キプロスの中国大使館が反論しました。 日本ではあまり話題にならない5Gからの中国企業排除ですが、欧米…

イタリアも5Gからファーウェイを排除 中国メディアは冷静に反応 外交部はどう対応?

イタリア政府が5Gネットワーク構築からファーウェイを排除しました。欧州ではイギリス、スウェーデンに続くものです。中国メディアは淡々と伝えるだけで意外と冷静です。 //

スウェーデンが5GでファーウェイとZTEを禁止 中国は激しく反発

10月20日にスウェーデン郵便電気通信庁(PTS)は、セキュリティ上の懸念から、中国のファーウェイとZTEが同国の5Gネットワークの構築に参加することを禁止すると発表しました。ファーウェイなどの中国企業を明示的に排除したのは、欧州ではイギリスに続くも…

ファーウェイが米国の制裁に対抗 南泥湾プロジェクトで反撃開始

周知のように、国内市場では、ファーウェイ技術の会社の名前を言えば、多くの人々は、中国最大の民間技術企業としてその名前を知っており、ファーウェイは国内でよく知られていて、身近にファウェイ製品を使用している。ファーウェイのビジネスが大きくなる…