黄大仙の blog

何にでも首を突っ込みたがる好奇心旺盛なOJISANブログです。

-

新型ブニヤウイルス、どのように感染する?特効薬は?10の質問

突然振って湧いたような新しいウイルスのニュース。

中国で発生と聞いて身構えた人も多いでしょう。

新型ブニヤウイルスと言う致死率の高いウイルスは、

中国ではすでに10年来毎年発生しているので、

知見も多くあるようです。

そして実は日本でも発生例はあるとの情報も。

f:id:deepredrose:20200808152101j:plain

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

日本では2013年に初感染例が確認されたとの情報は、

 

『「新型ブニヤウイルス感染症」は日本国内でも SFTS重症熱性血小板減少症候群)とは』(忽那賢志氏著 Yahoo Japanニュース)

 

こちらの記事に詳しく掲載されていました。

 

記事によれば、新型ブニヤウイルスは、日本ではSFTSウイルスと呼ばれ、

 

その感染症は西日本を中心に年間100人が感染し、

 

致死率が27%にもなる怖いウイルスです。

 

忽那賢志氏によれば中国での初発生が2011年とのことですが、

 

下記で紹介している中国国内の記事では2009年発生となっています。

 

 

この違いはとりあえず無視するとして、

日本でも中国でも地域性が強くみられるのは興味深いです。

 

日本では西日本に多く、中国では華東地区での発生例が多いそうです。

 

どちらの記事も、感染を避けるためには、

 

マダニ対策をしっかりしろとおっしゃっており、

 

屋外活動する時には、最新の注意が必要です。

中国に新型ブニヤウイルス出現、致死率10%、ワクチン無し!人から人への感染に警戒 - 黄大仙の blog

 

下記は第一财经に掲載された、中国疾病管理予防センター(CDC

ウイルス病研究所の李徳新氏による解説です。

[原題]<第一财经>十问新型布尼亚病毒:传染性如何 有无特效药 哪些省份发病多

[邦題]<第一财经>新型ブニヤウイルスについての10の質問:どのように伝染するのか、特効薬はあるのか、どの省で最も多くの症例があるのか?

 

  近年、中国国内ではマダニに咬まれたことによる新型ブニヤウイルス感染症が年々増加しており、7月時点で今年は1,500人以上の感染者と80人以上の死亡者が報告されており、2019年に比べて増加している。

 

  発症メカニズムが完全に解明されていないため、現在のところ予防のためのワクチンはない。第一財経はこのほど、中国疾病管理予防センター(CDC)ウイルス病研究所の研究員である李徳新氏に、ウイルスがどこから来たのか、どのように広がるのか、伝染性が強いのかどうか、ワクチン開発の進捗状況などについてインタビューを行った。

子育てママに大人気!無料で家まで届けてくれる宅配クリーニング「リネット」

 

Q1: 新型ブニャウイルスは新しいウイルスなのか?

 

李德新:10年前に発見された新しいウイルスです。

 

 

  2009年春夏、中国中部の湖北省河南省の山間部や丘陵地帯の農村で、当時は原因不明の新たな感染症が報告され、主な臨床症状は発熱、血小板減少症、白血球減少症、消化器症状などで、重症例では多臓器不全、出血、ショックなどを伴うものでした。 疾病発見の初期段階では、症例死亡率が高く、約30%に達することもありました。 この病気は、血小板減少症候群(SFTS)を伴う発熱と名付けられています。

 

  その後、中国疾病管理予防センターは疫学調査と実験室調査を行い、原因菌を特定した。臨床症状がヒト顆粒球性アナプラズマ症と似ていることから、早くからヒト顆粒球性アナプラズマ症ではないかと考えられていました。しかし、大多数の患者の血液サンプルからは、細菌のDNAや細菌に対する抗体は検出されませんでした。すぐに患者の血液から、SFTSウイルスとして知られる新型ブニヤウイルスが分離されました。 関連する研究により、血小板減少症候群を伴う発熱の原因としてSFTSウイルスが同定されました。我が国で初めてSFTSが確認されて以降、日本や韓国では局所的な症例が報告され、米国でも同様の症例が報告されています。

 

  血小板減少症候群を伴う発熱は2009年以前から存在していたが、症例数が少ないことからあまり注目されていませんでした。

 

 

Q2: 新型ブニヤウイルスの感染経路は? 感染性はどのくらいか?

 

李德新:当局は、このウイルスを分離した後、このウイルスについて多くの関連する疫学的、現場および実験室での研究を行い、感染地域のマダニからウイルスRNAを検出し、SFTSウイルスを分離した。このウイルスは人間だけでなく、犬や牛、羊などの動物にも感染しますが、動物はウイルス感染後に発症することはありません。

 

  研究では、SFTSウイルスは主にマダニに噛まれることで感染することが証明されています。マダニに噛まれても痛みはなく、容易には人に発見されないため、人に数日間噛みつくことがあり、噛まれる人は主に畑仕事や野外活動に従事している人たちです。

 

  自然界にいるマダニは、ウイルスを持っている割合は高くなく、人間がマダニに噛まれる機会は多くありません。自然の状態では、SFTSウイルスは高度に拡散しており、発症率は低いです。

 

  特に注意しなければならないのは、患者の血液を介してウイルスが他の人に感染する可能性があるということです。SFTSウイルスは多臓器不全を引き起こすだけでなく、重度の場合には血液凝固機構の障害や重度の出血が起こり、血液には大量のウイルスが含まれています。その他の人はウイルスを含む血液に接触すると感染することがあります。医療従事者、患者の家族、遺体を扱う職員は、患者の血液との接触によって感染する可能性があります。

 

  発症者の大半は農民であり、被災者の大半は農家である。大多数の患者は発症前に野外作業をしており、3分の1以上の患者は明確にマダニに咬まれており、マダニ感染はSFTSの重要な感染経路となっている。屋外活動をする時には、マダニに噛まれないように、個人的な予防措置をとるようにしましょう。例えば、長袖の服やパンツを着用し、露出した肌には虫除けを使用します。人々の間でのウイルスの感染をよりよく管理予防するために、医療·衛生従事者及び接触者は、「血小板減少症を伴う発熱の接触感染防止対策のポイント」に基づき、患者の受診、搬送、介助、遺体の処理等の過程において、保護と感染対策をしっかりと行い、症例の隔離·管理、密接な接触者の医学的観察、医療·介護従事者の保護、消毒、遺体の処理等の対策を実施することが求められています。

 

Q3: 毎年何人くらいの人が新型ブニヤウイルスに感染しているのでしょうか?

 

李德新:SFTSの症例は過去10年間毎年報告されており、2009年、2010年は100例未満であったが、その後は徐々に増加し、2016年には2,600例に達しています。7月現在、今年のSFTS症例は1,500件以上報告されており、死亡者数は80人以上と、2019年より増加しています。

 

Q4: この病気には地域性があるのでしょうか?

 

李德新:症例数が比較的多いのは河南省湖北省安徽省山東省、浙江省江蘇省遼寧省ですが、全国30近くの省で症例が報告されています。

 

  発症は季節性があり、49月に集中して発症し、5月にピークを迎えることもあり、その後、冬季にマダニが出てこなくなって、発症者がいなくなります。

 

Q5:感染者の死亡率はどのくらいですか?

 

李德新:現在の新型ブニヤウイルスの死亡率は約10%であり、近年中国で発見された死亡率の高い自然伝染病です。

 

Q6:診断試薬はありますか?

 

李德新:現在、中国では抗体診断薬だけでなく、新型ブニヤウイルスPCR診断薬も商品化されており、市場供給の問題はありません。

 

Q7:特効薬はあるのか?

 

李德新:臨床的な治療方針としては、対症療法的な支援療法と併用療法を中心とした治療が行われおり、患者さんの状態に合わせて個別に調整するケアも必要です。

 

Q8:ワクチンはありますか?

 

李德新:新型ブニヤウイルスのワクチンは開発中で、まもなく臨床投入されます。

 

Q9:快復後の患者は抗体を持っていますか?

 

李德新:新型ブニャウイルスに感染した患者は、快復の結果抗体ができ、35年またはそれ以上持続する可能性があります。快復した患者がSFTSウイルスに再感染したという報告はありません。

 

Q10:ウイルスは変異しますか?

 

李德新:我々が監視したSFTSウイルスは大きな変異を起こしていません。

ニキビ集中ケアの体験エステ <エステのエルセーヌ>

十问新型布尼亚病毒:传染性如何 有无特效药 哪些省份发病多

https://bit.ly/3gCFilP

ブロトピ:今日のブログ更新