黄大仙の blog

何にでも首を突っ込みたがる好奇心旺盛なOJISANブログです。

フランスがリトアニアと台湾との関係を支持 中国の圧力に対抗する模範となるリトアニア

リトアニアは台湾との関係を強化し、首都ヴィリニュスに台湾名を冠した『台湾代表処』という駐在員事務所の設置を認めたことで、中国から報復を受けています。この動きに対し、フランス外務省は、フランスとEUリトアニアを全面的に支持し、EUの反脅迫措置を強化すると発表しました。

 

  米国国営の国際メディア自由亜州電台の記事より。

f:id:deepredrose:20211128165833j:plain

リトアニアのランズベルギス外相

  「ヨーロッパにおける中国のナンバーワンの対戦相手」と表現しているリトアニアは、中国政府から外交関係を格下げされています。

 

  中国の圧力に対抗してリトアニアを支援するために、フランス外務省は25日、EU加盟国間の連帯はEUの基本原則であり、いずれかの加盟国に対する危害はEU自体を傷つけることになると表明しました。

 

  「フランスとEUのパートナーは一致してリトアニアへの全面的な支援を表明しており、EUは不道徳な行為や強制的な行為に対抗するための措置を強化するために完全に動員されている」

 

  中国政府が報復としてリトアニアとの外交関係を格下げした後、

はワシントンで、中国への経済的依存度を下げる方法について米国の高官と話したことを明らかにしなした。

 

  ランズベルギス外相は、 同様に中国の圧力に直面している国々を助けるための、より長期的な国際努力を求めています。

 

  中国はリトアニアの企業との関係を断ち切っただけでなく、第三国の企業に働きかけ、リトアニアと取引しないように圧力をかけています。

 

  ランズベルギス外相は、リトアニアは「短期的な」経済的苦痛に負けず、サプライチェーンにおける中国への依存度を下げようと努力するとしています。

 

  ランズベルギス外相は、欧州諸国が経済的安全性を強化するために、インド太平洋地域にもっと関与すべきだと訴えました。

 

  ランズベルギス外相は、「もしかしたら、あなたは脅かされるかもしれないし、中国メディアのヘッドラインで激しく批判されるかもしれないが、それでも、あなたはこれらの圧力に耐えることができる 」と述べています。

 

  ランズベルギス外相は、中国の圧力にどう立ち向かうか、リトアニアが他の国の模範となるだろうと強調しました。

f:id:deepredrose:20211128165958j:plain

リトアニアの台湾代表処

  中国外交部の趙立堅報道官は定例記者会見で、リトアニアは中国の主権に対する侵害を躊躇していないと批判し、リトアニアの挑発的な行動の背後には、何者かが計画的にバックアップし、指示していると主張しました。

 

  趙立堅報道官は米国を例に挙げ、「自国の政治的目的を達成するために、他国をいじめることを躊躇していない。これは決して責任ある国のすることではなく、結局は他人を傷つけ、自分を傷つけるだけだ」と述べました。

 

  趙立堅報道官は、リトアニアは露骨に「一つの中国、一つの台湾」を語り、「反中、反抗的分子」を支持、支援していると述べ、リトアニア側は、「反中国の分離主義者」と共謀していることを明らかであり、火遊びをする者は自らを焼き尽くすことになる、と脅しています。

 

  中国外交部はリトアニア外務省に正式に通知し、リトアニアの中国大使館の名称を「代理大使処」に変更することを決定し、それに合わせて中国の外務省の名称を変更することをリトアニアに要請したことを発表しました。

 

 

  中国の圧力にもかかわらず、リトアニア議会の台湾友好グループのマルキス議長は、12月初旬に代表団を率いて台湾を訪れ、「2021年開放國會論壇」に参加する予定です。

 

  台湾の外交部は、リトアニアだけでなく、ラトビアエストニアや中米のベリーズがフォーラムに参加するために訪台することを発表しました。

 

  リトアニア政府は、2022北京冬季五輪の外交的ボイコットを表明しており、政府関係者は冬季五輪の公式行事に出席する予定はありません。

 

  これは、リトアニアの国会議員が先週、北京冬季五輪をボイコットするよう求めた共同書簡を発行したことに続く、政府の最新の声明です。

 

  リトアニア議会の連立与党議員の過半数は、先週、大統領、政府関係者、すべての政治家、リトアニアオリンピック委員会および選手に対し、北京冬季五輪を集団でボイコットし、公式代表団を派遣しないよう求める共同書簡を発表しました。

 

  国会議員たちは、重要な国際スポーツイベントが中央集権的な国で開催され、スポーツが政治的プロパガンダの道具として使われてはならないと指摘しました。

 

  これに対して、リトアニアオリンピック委員会は、政治的な理由で貴重で重要な国際的イベントを放棄することは、アスリートにとって不公平であるとし、北京冬季五輪のボイコットを支持しないとの声明を発表しました。

 

  リトアニアは人口300万人程度の『小国』ですが、中国という大国に対する毅然とした態度は、見習うべきものがあります。

 

  それに比べて岸田政権は不甲斐ないですね。

 

[あわせて読みたい記事]

deepredrose.hatenablog.com

deepredrose.hatenablog.com

deepredrose.hatenablog.com

 

参考記事

<自由亜州電台>法国支持立陶宛与台湾关系 立陶宛成抵抗中国压力榜样

http*://bit.ly/3E1AfqY