黄大仙の blog

何にでも首を突っ込みたがる好奇心旺盛なOJISANブログです。

人民解放軍東部戦区が対台湾軍事演習の映像を公開 台湾の中央山脈を望むと発言

人民解放軍東部戦闘区は、台湾周辺の海・空域で訓練を行ったと発表し、台湾の中央山脈を望む30秒間の動画を公開しました。

  米国に拠点を置き、中国、台湾、香港、マカオの政治、経済、社会、生活、金融などのニュースを世界中の華人向けに発信するメディアの世界新聞網の記事より。

ぐん

軍事演習中に台湾の山脈を望む by人民解放軍

  台湾国防部は、25日から26日にかけて計71回の人民解放軍の出撃が探知され、(そのうち47回は海峡の中心線を越えて南西空域に侵入)、艦艇による出撃は7回で、探知回数では過去最高、今年最多と発表しました。

 

  台湾国防部も、台湾国軍が航空機、艦船、陸上ミサイルシステムを使って、状況を細かく監視して対処したとしています。

 

  2023年国防権限法が23日、バイデン大統領の署名で成立した直後に、人民解放軍による東部作戦地域で大規模な標的型軍事演習が行われた。

 

  バイデン米大統領23日、2023年国防権限法に署名した直後、人民解放軍が大規模な軍事演習が行ないました。

 

  人民解放軍東部戦区が公開した映像によると、「台湾は中国の不可分の領土であり、我々の行動は台湾海峡の平和と安定を維持するためであり、私は必要なすべての対抗措置を取る」と声を上げていました。

 

  公開された動画には、空中を飛び立つ軍用機のほか、海軍の艦艇が操船している様子も映っている。 目標海域に向かって高速で操船する戦闘艦艇の姿も写っています。

news.bjd.com.cn

 

  人民解放軍東部戦区の施毅報道官は、「 東部戦区は台湾周辺の海・空域で合同戦闘準備哨戒と合同火力打撃訓練を組織しており、この訓練は現在激化している米台による挑発に断固として対応するものである」と述べました。

++++++++++++++++++++++++++++

  8月のペロシ上院議長の台湾訪問直後にも、中国軍は台湾周辺で大々的に軍事演習を行いましたが、米国の国防権限法の成立後にも台湾を目標にした軍事演習を行いました。

 

  中国が台湾を威嚇すればするほど、要人の訪台や国防権限法で米国が台湾を支持するのは正しいと確信することになります。

news.yahoo.co.jp

deepredrose.hatenablog.com

参考記事

<世界新聞網>解放军东部战区发布对台军演视频 称可见台湾中央山脉

https://bit.ly/3GjKqKR