黄大仙の blog

何にでも首を突っ込みたがる好奇心旺盛なOJISANブログです。

米中が5年ぶりに非公式核協議、標的は台湾問題

621日付のロイター通信によると、米中両国は3月に5年ぶりに非公式な核兵器協議を再開していました。中国の代表団は米国の代表団に対し、台湾に対する核武装の脅しに訴えることはないと述べたといいます。協議は民間有識者間の意見交換(トラック2協議)で行われました。

  米国議会の出資によって設立された短波ラジオ放送局の自由亜州電台の記事より。

核攻撃を傍観する人々 (AI作成画像)

  米国代表は、中国が台湾での紛争で失敗した場合、核兵器を使用するのか、あるいは使用すると脅すのかと質問したところ、中国代表は核兵器は使用しないと断言しました。

 

  トラック2協議の米国側主催者である学者のデービッド・サントロ氏は、「台湾での紛争に失敗した場合、中国は核兵器を使用しないと述べた。彼らはアメリカ側に対し、核兵器を使わなくても台湾をめぐる通常戦に勝てるという絶対的な自信を示した」と語っています。

 

  上海のホテルで2日間にわたって開催された会議に、米国は元政府高官や学者を含む代表を派遣し、中国は人民解放軍の元将校数名を含む学者やアナリストの代表団を派遣しました。

 

  ロイターの質問に対し、米国国務省報道官は、「国務省3月の会合を知ってはいたが、出席はしなかった。トラック2協議は有益であった。」と述べました。

 

  しかし同報道官は、「このような話し合いは正式な交渉の代わりにはならない」とも述べています。

 

+++++++++++++++++++++++++++

  台湾問題を巡って、米中間では非公式な協議が水面下で行われていたようです。

 

  トラック2協議なので政府関係者は参加していませんが、中国側代表が核兵器を使用しないと明言しているのは、安心材料にはなります。もっとも、トップの気分次第で全てが決まる国なので手放しで喜ぶことはできませんが。

 

参考記事

<自由亜州電台>路透: 美中举行五年来首次非正式核谈判 瞄准台湾问题

https://x.gd/96S7R

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ