黄大仙の blog

何にでも首を突っ込みたがる好奇心旺盛なOJISANブログです。

国連が新疆ウイグル自治区への無制限のアクセスを要求

中国新疆ウイグル自治区でのウイグル人ジェノサイドを巡って、欧米が制裁すれば、中国が報復制裁を科す日が続いています。国連のグテーレス事務総長は328日、新疆ウイグル自治区の人権状況を制限なく訪問調査できるよう、国連が協議していることを明らかにしました。

  ドイツ国営の国際メディア徳国之声の報道によりますと、アントニオ・グテーレス国連事務総長は、ウィグル人やその他の少数民族に対する迫害の報告を検証するために、新疆への無制限のアクセスを得るべく、国連は中国と「真剣な話し合い」を行っていると述べました。

 

  国連人権高等弁務官のミシェル・バチェレ氏は先月、新疆への現地視察について国連は中国と協議を開始したが、合意には至らなかったと述べていました。

 

  バチェレ国連人権高等弁務官は、新疆ウイグル自治区でのウイグル人に対する恣意的な拘束、虐待、性的暴力、強制労働などの報告について、国連が徹底的かつ独立した評価を行う必要があると述べています。

f:id:deepredrose:20210331144017j:plain

  グテーレス事務総長は、「国連人権高等弁務官事務所中国当局の間で、真剣な交渉が行われている。 人権高等弁務官が制限なく中国を訪問できるような合意が早く得られることを願っています。」と述べ、

 

  「国連人権高等弁務官事務所が、彼らの行きたい場所を自由に訪れるものとして行われることが、私たちにとって重要なことなのです。」とも述べています。

 

  これに対して中国外交部の趙立堅報道官は29日の定例記者会見で、人権高等弁務官の訪問を歓迎するとしつつも、調査ではないと主張しました。

 

  趙立堅報道官は、「訪問の目的は双方の交流と協力を促進するためで、推定有罪のいわゆる調査を行うためではない。訪問を利用して中国に圧力をかけることに反対する。」と牽制しています。

 

 

 

 

  欧州連合(EU)は、22日に人権侵害を理由に中国への制裁処置を採択し、米国、英国、カナダが追随し、オーストラリアとニュージーランドが支持を表明しました。

 

  EUの制裁は、中国新疆ウイグル自治区高官4名と1機関で、EU内の資産凍結とEUへの渡航禁止です。

 

  中国はすぐに報復として、8人のEU議員、2人の学者、4つの団体に制裁を科すと発表しました。

  中国は27日にも、米国国際宗教自由委員会のゲイル・マンチン委員長、トニー・パーキンス副委員長、カナダ連邦下院議員のマイケル・チョンに対する制裁を発表しました。

 

  マンチン委員長は、中国から制裁されたことに対し、「中国政府に認められたことを光栄に思うとともに、少数民族に対して大量虐殺を行っている中国を公に非難していきます。 中国のように信教の自由に対する甚だしい侵害が行われている限り、私は声を上げることをやめません」と述べています。

f:id:deepredrose:20210331144036j:plain

  中国外務省は27日に、「中国は関係者に、状況を認識し、誤りを正し、国境問題での政治工作をやめ、いかなる方法でも中国の内政に干渉することをやめることを求める。危険な火遊びで我が身を焼いてしまわないように気をつけろ」と述べています。

 

  同じく制裁を受けたカナダのマイケル・チョン議員は、制裁は「名誉勲章」だとみなし、ウィグル族の運命に国際的な関心を寄せることに成功したことを示すものだと強調しました。 

 

  中国の制裁は、中国、香港、マカオへの渡航を禁止するというもので、実際には影響がないと見られています。

 

  中国は国際機関で発展途上国を中心に影響力を強めており、国連も例外ではありません。

f:id:deepredrose:20210331144100j:plain

  国連訪問団にも中国寄りの代表が参加するでしょうし、現地では中国側の代表が終始付き添い、見られて困るところには案内しないと思います。

  すでに中国に支配されているとも言われるWHOが、新型コロナウイルスの起源調査のために、専門家チームを武漢に派遣しましたが、感染源とされた華南海鮮市場が閉鎖されてから1年以上も経っており、感染源を特定する手掛かりがないことは明らかなうえに、調査中は、中国側の「専門家チーム」が終始、WHO専門家チームに付き添っており、現地調査は中国主導で実施されたことを印象付けています。

f:id:deepredrose:20210331144205j:plain

       ウイグル人の美好生活を紹介するYoutube


  新疆ウイグル自治区の調査も同様に、証拠はすでに隠滅済みでしょうし、訪問団の周囲には、現地人を装った共産党員や公安関係者が群がるだろうと思われます。

deepredrose.hatenablog.com

[あわせて読みたい記事]

deepredrose.hatenablog.com

deepredrose.hatenablog.com

deepredrose.hatenablog.com

deepredrose.hatenablog.com

deepredrose.hatenablog.com

参考記事

 

<徳国之声>古特雷斯:联合国争取不受限制地至新疆考察

 http*://bit.ly/3m75qZB