黄大仙の blog

何にでも首を突っ込みたがる好奇心旺盛なOJISANブログです。

アフガニスタン

中国政府はアフガニスタンに2億元(約34億円)相当の援助を行うことを決定

中国の王毅外交部長は9月8日、アフガニスタンに2億元(約34億円)相当の食糧、越冬用品、ワクチン、医薬品を緊急に提供することを決定したと発表しました。前日の7日にバイデン米大統領が中国とタリバンとの急接近に懸念を表したばかりでした。

タリバンは中国に支持を求めているが、中国はアフガン新政府を承認するかどうかの回答を避けている。

タリバンのスポークスマンは、米軍のアフガニスタン撤退終了後の外交的・経済的支援を中国に訴え、中国を「偉大な隣人」と称賛しています。しかし、中国外交部は、アフガニスタンの新政府を承認するかどうかについては言及を避けています。

ハリス米副大統領の東南アジアツアーが終了、南シナ海での中国の脅威に引き続き対抗する

8月26日にハリス米副大統領はベトナムを後にし、22日に始まった東南アジアのシンガポール・ベトナム2カ国歴訪を終えました。ハリス副大統領は、南シナ海における中国の威圧行動を非難し、中国当局の行動がルールに基づく国際秩序を脅かす場合、米国は声を上…

米国、アフガニスタンからの撤退に民間機利用

米国国防総省は、アメリカ人とアフガニスタン人がカブールを離れるのを助けるために、アメリカの航空会社6社の民間旅客機18機を発進させました。米国が軍の支援に民間機を利用するのは稀で、過去30年間で3回目です。

アフガニスタンの反タリバン勢力が北部地区を奪還

崩壊したアフガニスタン政府に忠誠を誓う武装勢力が、タリバンから北部地区を奪還しました。 親タリバンのソーシャルメディアアカウントは、北部のバグラーン州でのタリバンの敗北を確認しました。

米軍の撤退でアフガニスタンが陥落 米国による安全保障が本当に信頼できるものなのか?

米軍のアフガニスタン撤退が完全に完了する前に、タリバンは首都カブールとアフガニスタン全土を瞬く間に掌握しました。この驚くべき行動は、 米国の同盟国を含むいくつかの国、特に台湾が、米国による安全保障が本当に信頼できるものなのか疑問を持ち始める…

米国が20年に渡り訓練と武器供給したのに、なぜアフガニスタン政府軍はタリバンに勝てなかったのか?

アフガニスタンでは、タリバンが驚異的な勢いで勢力を拡大し、ガニ大統領が隣国タジキスタンに脱出し、アフガニスタン政府は事実上崩壊しました。これは、アフガニスタン政府軍を外国の援助なしで戦えるタフで独立した部隊にしようとした、20年間のアメリカ…

タリバンの都市への攻撃 アフガニスタンの駐中国大使が中国に助けを求める

アフガニスタンの状況は急速に変化しており、タリバンが18の州を連続して制圧し、米国をはじめとする外国要人が退避に備えて機密文書を焼却している中、アフガニスタンのカイム駐中国大使は中国に支援を訴えています。