黄大仙の blog

何にでも首を突っ込みたがる好奇心旺盛なOJISANブログです。

軍事

中国空軍機が南シナ海でオーストラリア軍哨戒機を攻撃、東シナ海ではカナダ軍哨戒機を威嚇

アルバニージー・オーストラリア首相は6月5日、先月末に南シナ海で、中国の戦闘機が哨戒中のオーストラリア軍哨戒機を攻撃し、基地への帰還を余儀なくされたと発表しました。

中国外相が南太平洋を訪問、影響力拡大を図る ニュージーランド、ソロモン諸島への軍隊駐留延長を発表

ニュージーランドは、ソロモン諸島へのニュージーランド軍の駐留を、少なくとも来年5月まで延長することを発表しました。25日に両国の外相はテレビ会議で、ソロモン諸島が最近締結した中国との安全保障協定について協議し、ソロモン諸島外相は「中国がそこに…

中国の学者、ロシア・ウクライナ戦争は中国にとっても百害あって一利無しと指摘 同盟とは『あなたが他国を侵略するのを助けること』では無い

中国の学者たちは最近、ロシアがウクライナに軍隊を派遣する理由は無く、ロシア・ウクライナ戦争は中国にとっても百害あって一利無しであると主張し、同盟とは『あなたが他国を侵略するのを助けること』ではないと指摘しました。

バイデン氏、米国は「台湾を守る」意思があると発言 中国外交部が歴史の教訓に学べと反論

バイデン大統領が23日の記者会見で「台湾を守る」意思がある旨の発言をしたことに対し、中国は「台湾は中国の不可分の領土」「歴史の教訓に学べ」と反論しました。

元駐ウクライナ中国大使『ロシアはすでに戦争に負けている』

元駐ウクライナ中国大使の高玉生は、ロシアとウクライナとの戦争がいつ、どのように終わるかは、もはやロシアが決めることではない、それどころか、ロシアは「すでに戦争に負けた」のだと発言しました。 高玉生元大使は、ロシアがいくつかの重要な国際組織か…

オーストラリア首相 オーストラリアと同盟国は中国によるソロモン諸島への軍事基地建設を阻止する

5月21日に迫ったオーストラリア連邦議会総選挙。モリソン首相は、8日に行われたテレビ討論で、中国がソロモン諸島に軍事基地を建設しないよう同盟国と協力することを誓いました。

趙立堅報道官:日本による「中国の脅威論」騒ぎ立てに断固反対

岸田首相が5日の英国訪問中の記者会見で、中国の軍事的脅威に懸念を示している旨の発言をしました。中国外交部の趙立堅報道官は翌6日に「中国の脅威論」を騒ぎ立てるなと、岸田首相の言動に断固反対を表明しました。

中国が石炭輸入関税を一律ゼロに。誰が本当の受益者か?

中国当局は、5月1日から各種石炭の輸入関税をゼロに引き下げます。世界的に石炭供給が逼迫し、石炭価格が高騰する中、エネルギー安全保障を確保するための中国が新たな動きを示しました。

米国が警告:中国軍がソロモン諸島へ常駐すれば、相応の対応をする

米国政府は南太平洋国家のソロモン諸島に対し、中国との安全保障協定が米国や同盟国の利益を脅かす場合、行動を起こすと警告しました。

人民解放軍のプロパガンダ映画で、中国3隻目の空母を公開することを予告

中国人民解放軍海軍は4月23日の建軍記念日に合わせて、空母のプロパガンダ映画「深藍!深藍!(ディープ・ブルー)」を公開しましたが、 「深藍!深藍!」のエンドクレジットで、中国の3隻目の空母がまもなく公開されることが示唆されています。

米国、29年ぶりにソロモン諸島に高官を派遣 中国とソロモン諸島との安保締結を牽制

米国政府は18日に政府高官を今週中にソロモン諸島に派遣すると表明しましたが、翌19日にはかねて噂のあった中国とソロモン諸島との安全保障協定締結が発表されました。中国政府は「中国とソロモン諸島の相互信頼の高まりは、ソロモン諸島の社会的安定の促進…

人民解放軍機が15日に2度台湾の空域に侵入、航行途中で米軍機と遭遇

最近、米国の台湾関係の動きが活発になり、それに呼応して人民解放軍も台湾南西部空域への飛行の頻度を高めています。4月に入って、人民解放軍軍機は連日で台湾南西部空域に侵入しています。

台湾国防部、初の国防ハンドブックを発表

台湾国防部は、災害防止や戦争時の避難などに関する基礎知識を盛り込んだ初の国防ハンドブックである「全民国防手册」を発表しました。

中国人民解放軍空軍の運-20輸送機6機編隊がヨーロッパに飛来

中国人民解放軍輸送機の運-20の6機編隊が、トルコ領空を経由してセルビアに向かって西に飛行したと伝えられました。

中国、核戦力の拡大を加速

中国共産党指導部は、米中衝突の可能性に対する懸念が高まる中、核兵器の拡大を加速させています。

王毅外交部長、ウクライナ外相と会談:和平交渉は困難であっても、ロシア・ウクライナの和平交渉を歓迎 同日ハンガリー外相とも会談

中国・王毅外交部長は4月4日、ウクライナのドミトロ・クレーバ外相と電話会談を行いました。クレーバ外相は、中国が停戦に一役買うことを期待すると表明した。

台湾国防部、中国軍侵攻の脅威に対抗するために、ロシアとウクライナの戦争に関する研究会を立ち上げ

台湾はロシアのウクライナに対する侵略戦争を注視しているだけでなく、研究グループを立ち上げ、戦場でのロシア軍の不利な成績やウクライナの強い抵抗など、ウクライナ・ロシア軍事衝突の特徴に注目していることを、台湾国防部の邱国正国防部長が認めました。

台湾海峡の状況|もし中台が戦争になったら、中国軍は1日か2日で戦闘を終わらせることができる

台湾の情報機関である国家安全局の陳明通局長は、ロシアによるウクライナ侵略が中国に与えた警告のシグナルは、容易に戦争を始めるべきではないということだと指摘しました。一方、 また、台湾の元国防部長は、中台が戦争になれば「最初の戦いが最後の戦いに…

ロシア軍のヘリを撃墜するウクライナ軍の地対空ミサイル

ロシア軍のヘリを撃墜するウクライナ軍の地対空ミサイルとされる動画 youtu.be ロシアによるウクライナ侵略戦争に反対します!! ロシア軍は速やかに撤退すべし! 低空を飛行するヘリコプターは地対空ミサイルの餌食

台湾国防部:中国軍の台湾に対する「戦闘重視」の訓練強化は台湾の安全保障に対する挑戦である

台湾国防部は、中国軍が台湾に対する「戦闘型」訓練の規模、頻度、強度を徐々に高め、民間機を使って離島に侵入して台湾の軍事対応能力を試すことさえあり、国家安全保障全体に対する「深刻な挑戦」になっていると発表しました。

ウクライナ紛争 中国は欧米の圧力に直面 王毅外交部長:世界の多くの国がウクライナ危機の進展に対する中国の見解に同意している

中国は、ロシアのウクライナ侵略に対して、明確な立場をとるか、「最悪の結末」に直面するかという外交的圧力の高まりに直面しており、アフリカ諸国に支援を求めているようです。

米中首脳会談の前夜、中国海軍空母山東が台湾海峡を通過

台湾は現在、ウクライナ戦争により厳戒態勢にあり、中国がこの機に乗じて行動を起こすことを恐れています。ジョー・バイデン米大統領と中国の習近平国家主席とが米中首脳会談を開く数時間前に、中国海軍の空母『山東』が台湾海峡を通過して台湾を威嚇しまし…

バイデン大統領がNATO緊急首脳会議出席のため欧州に渡航へ ロシアはバイデン大統領を制裁

ロシアがウクライナに侵略戦争を仕掛け、米国とロシアの緊張は再び急激に高まっています。 ホワイトハウスは、バイデン大統領がNATOの緊急首脳会議に出席するため、ヨーロッパに渡航すると発表し、 ロシアは、バイデン大統領と多数の高官に対する制裁を発表…

ロシア連邦保安庁(FSB)の機密文書から、習近平の台湾侵略の野望が判明

ロシアのウクライナへの侵略戦争が世界に衝撃を与え、新ロシア国家と思われている中国の動きに国際的な注目が集まっています。このほど ロシア連邦保安庁から改めて発表された報告書では、台湾に言及し、習近平・中国共産党総書記が今秋にも「台湾の完全統一…

ロシアがウクライナ・ポーランド国境へ空爆 ブリンケンは空爆を非難し、ゼレンスキーはNATOの飛行禁止区域の要求を新たにした

アントニー・ブリンケン米国務長官は13日、ロシア軍がウクライナとポーランドとの国境にある国際平和維持・安全保障センターへ空爆したことを非難しました。同日、ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシアの砲撃がNATO加盟国に及ぶのは時間の問題だとし、N…

イタリア、中国企業による軍用ドローン企業買収を白紙撤回

イタリア政府は、中国の投資会社がイタリアの軍用ドローン会社を買収する契約を破棄しました。

ロシア軍への暴力反抗の呼びかけ メタ・グループ:投稿を削除しないことを決定

Facebookなどを運営するメタ・グループは、FacebookやInstagramでロシア軍に対する暴力的な抵抗やプーチンの死を呼びかける投稿を容認しています。 メタ・グループはヘイトスピーチポリシーを一時的に変更したようです。

ウラジーミル・プーチンの驚くべき健康問題:海外メディアによる5つの兆候

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ウクライナへの侵略を開始し、大規模な人道的災害を引き起こしています。海外メディアはプーチン大統領が健康問題で侵略を中止せざるを得なくなるのではないかと、5つの兆候をあげて推測しています。

清華大学の卒業生210人が、プーチン大統領の名誉博士号授与の取り消しを求める署名入りの書簡を発表

ロシアによるウクライナ侵略戦争を受け、清華大学の卒業生210人が清華大学にプーチン氏に授与した名誉博士号を取り消すよう求める公開書簡に署名しました。

米国元高官が相次いで台湾を訪問 中国国内メディアが敏感に反応『出鱈目メーカーのマイク・ポンペオが台湾を訪問』

3月に入り米軍制服組元トップのマイケル・マレン氏と前米国務長官マイク・ポンペオ氏が相次いで台湾を訪問し、台湾の蔡英文総統と会談を行いました。世界の注目がウクライナに向いているこの時期の米国元高官の相次ぐ台湾訪問に、中国国内メディアが非難の記…