黄大仙の blog

何にでも首を突っ込みたがる好奇心旺盛なOJISANブログです。

軍事

インドの安全保障上の脅威:第一に中国、第二に米国

インドにとって安全保障上の最大の脅威が、国境紛争を抱える隣国である中国であることは驚くにはあたりません。しかし、最近の世論調査では、多くの回答者が米国を安全保障上の第2の脅威とみなしていることがわかりました。

中国人民解放軍の募兵は2月15日から、「即戦力」の人材が優先される。

中国の2023年国家徴用ビデオ会議が18日に北京で開催され、大学生を中心に「戦争の準備と戦闘の即戦力」に必要な理工系学生や技能を持つ者を優先して、前期は2月15日から、後期は8月15日から募兵を行うことが決定されました。

ドイツは天然ガスの備蓄量が豊富 プーチンの誤算

1月14日にドイツで2番目の液化天然ガスターミナルが完成しました。 厳しい冬も終盤を迎え、ドイツの天然ガスの備蓄はまだ90%も残っています。 担当者は、来年の冬もドイツはガス不足を心配する必要はないだろうと言っています。

中国、日英「円滑化協定」を批判

中国は、英国と日本が1月11日に署名した、互いの領土に軍隊を配備することを可能にする円滑化協定を批判しました。 日本政府も英国政府も、中国をアジア太平洋地域における「挑戦」と表現しました。

台湾の弾道ミサイルの部品、中国山東省で修理  秘密漏洩の疑い

台湾の雄三弾道ミサイルの部品が、スイスのオリジナルメーカーから中国山東省の修理工場に修理に出され、機密データが中国に流出した恐れがあると台湾メディアが報じました。

人民解放軍初公開 半潜水艇「飲馬潭」 上陸作戦にも使用可能

中国人民解放軍海軍が半潜水艇『飲馬湖』の公開訓練動画を初めて公開しました。半潜水艇『飲馬湖』の主な任務は戦場で損傷した軍艦の救助ですが、水陸両用戦闘車や上陸ボートを搭載して島への上陸作戦に使用することもできます。

人民解放軍東部戦区が対台湾軍事演習の映像を公開 台湾の中央山脈を望むと発言

人民解放軍東部戦闘区は、台湾周辺の海・空域で訓練を行ったと発表し、台湾の中央山脈を望む30秒間の動画を公開しました。

台湾 人口増加率の減速と乏しい軍事費に直面

台湾国内の人口増加の減速と兵士の不足が深刻化しており、中国からの脅威が高まっているなかで、対応の強化が急務となっています。台湾軍の兵力不足は、防衛予算や兵器の買い増しでは解決できないと見られています。

北朝鮮:「新戦略兵器」が間もなく登場 大出力固体燃料エンジンの燃焼実験成功

北朝鮮は、金正恩総書記の立会いのもと、新型兵器用の「大出力固体燃料」エンジンの実験を成功させたと発表しました。「国防5か年計画」で挙げている固体燃料を用いたICBM=大陸間弾道ミサイルの開発と関連している可能性があります。

米国が台湾への4億ドル超の武器売却を承認、中国政府は怒りを持って非難:言ってることとやってることが違う

台湾支援のために米国が最新の武器を、台湾に売却することを決めました。これに対し中国国防部は、米国が一方で中国を承認しながら一方では台湾に武器売却する「偽善性」に怒りの声を上げました。

習近平は本当に「立法法」を改正して鄧小平を否定し、国を封鎖しようとしているのか?

中国の習近平指導部は、全国人民代表大会(全人代)の立法手続きを定める立法法の改正案を公表し、インターネット上でのパブリックコメントを求めています。

オーストラリア、退役軍人の中国空軍の訓練への参加阻止へ

オーストラリアのリチャード・マールズ国防大臣は、中国が中国空軍兵士を訓練するためにオーストラリア軍の退役軍人を採用するのを阻止するため、機密保持措置を見直すよう軍に要請しました。 英国やカナダも同様の懸念を表明しています。

英国際貿易相、台湾訪問し蔡英文総統と会談へ 北京政府は怒りの反発

欧米の政府要人がまた一人台湾を訪問しました。 英国国際貿易省のグレッグ・ハンズ閣外大臣が11月7~9日の3日間台湾を訪問し、英国政府を代表して貿易交渉を行うとともに、台湾の蔡英文総統と会談しました。北京の中国政府は不満を募らせています。

中国への先端半導体技術の流出を阻止するため、米国が日本やオランダに圧力か

米バイデン政権が日本やオランダに対して、米国と共に中国への先端半導体技術の流出を阻止するよう圧力をかけるようだと報じられました

蔡英文:台湾の準備が整えば、北京が事を進める可能性は低くなる

中国共産党第二十回全国代表大会後の中国の権威主義の拡張に直面し、蔡英文台湾総統は民進党主席として、「我々がよりよく備えれば、北京が事を進める可能性は小さくなり、我々がより団結すれば、より強く安全な台湾になる」と発言しました。

中国共産党は台湾武力侵攻を放棄していない 世論調査:台湾人の9割近くが強い反感

台湾の大陸委員会が発表した世論調査の結果によりますと、中国共産党第20回全国代表大会で習近平が「武力の放棄を約束しない」と表明したことに対して、9割の台湾国民が強い反感を持ち、台湾政府の防衛力の持続を9割の国民が支持していることが明らかになり…

スウェーデンの研究:中国が92%の武器自給率でインド太平洋地域でトップ

スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)が今月発表した調査報告によると、中国の武器自給率は92%で、インド太平洋地域の米国以外の12カ国・地域でトップであるとのことです。「中国はインド太平洋地域であらゆる種類の複雑な兵器システムを自国…

英国諜報機関トップ 中国の技術的台頭が世界の脅威になると警告

英情報機関・政府通信本部(GCHQ)のジェレミー・フレミング長官は11日、中国のテクノロジーの台頭は、ロシアのウクライナ侵攻よりも深い課題を西側諸国に突きつけている、 西側諸国は自らの価値と影響力を守るために立ち上がるべきだと警告しました。

米国、対中輸出規制を著しく強化

ウイグル人権問題や台湾の安全保障の問題など、米中両国関係が悪化する中、半導体技術は今や米中間の最新の戦略的競争分野となっています。 米国政府は、中国が米国の技術を軍事・経済競争に利用するのを抑制するため、中国への半導体製造や先端チップ製造に…

米国は中国の人工知能およびスーパーコンピュータ企業に対する新たな規制を計画

米バイデン政権は、高性能コンピュータに使用される米国技術への中国企業のアクセスを制限する新しい措置を発表する予定と報じられました。次世代兵器および大規模監視システムを開発しようとする中国政府の企みを抑制するための米国政府の最新の動きです。

トラス英首相:英国は同盟国と協力し、台湾が自国を守れるようにすることを決意した

リズ・トラス英首相は、英国は同盟国と協力して台湾の自衛を確保する決意であると述べました。 先日、ジョー・バイデン米大統領が「中国が台湾を武力で侵略した場合、米軍は台湾を防衛する」と発言しており、米英首脳が続けて台湾の防衛について公言しました…

ロシアがウクライナで核兵器を使ったらどうなるのか? 中国はウクライナを助けるのか

ロシアのプーチン大統領は、ロシアの領土が脅かされた場合ロシア国民を守るため、ウクライナで核兵器を使用すると脅迫しました。欧米では「ロシアが本当に核兵器を使用したら、どう対応すべきか」という議論が巻き起こっています。

上海協力機構 習近平国家主席、モディ首相と会談しないで帰国

中国の習近平国家主席は、上海協力機構(SCO)首脳会議の傍ら、ロシアやイランなど10カ国の首脳と二国間会談を行いましたが、インドのナレンドラ・モディ首相とは会談を行っていませんでした。

尖閣諸島国有化10周年、中国の挑発行為がますます常態化

今年は野田民主党内閣(当時)が「いわゆる尖閣諸島」を国有化して10周年になります。日中関係が悪化する中、日中国交回復50周年でもあり、効果的な関係改善の道を模索する動きもありますが、中国船の尖閣諸島への挑発行為は常態化しています。

米国のAIチップ禁止令が中国の大学研究に打撃

米国政府はチップメーカーNvidiaとAMDに対し、ハイエンド人工知能(AI)チップの中国への出荷を禁止するよう求めました。この動きは、米国製チップに依存してきた中国の国有研究機関や一流大学を直撃するだけではなく、習近平の軍事近代化過程にも影響を与える…

ペロシ米下院議長の訪台で台湾海峡がホットに、米議会は強硬な親台湾法案を検討

8月初のナンシー・ペロシ米下院議長の台湾訪問の影響は続いており、中国の台湾への軍事的威嚇を受け、米国議会では中国への対抗と台湾支援の姿勢が超党派で強まっています。現在議会に提出されている台湾関連法案のうち、最も注目すべきは、9月に上院外交委…

日本がミサイル1000発を配備へ  胡錫錦:中国は5000発のミサイルを「追加」

読売新聞は21日に、日本が中国への反撃能力を強化するため、長距離巡航ミサイル1,000基の配備を検討していると報じました。中国の環球時報の元編集長の胡錫進氏は、中国はミサイルで日本を狙っていることを示したこともなければ、日本を攻撃する計画を立てた…

台湾メディア:与党自民党の萩生田光一政調会長が台湾訪問の意向を示唆と報じる

自由民主党の萩生田光一政調会長は、対台湾外交について、「現在は党の立場であり、直接台湾に出向いて対話することも可能だ」と述べました。

中国人民解放軍はペロシ議長搭乗機を見失っていた 米中の「見えない戦争」

8月2日夜、ペロシ米下院議長を乗せた米空軍所属機がマレーシアを飛び立ち、世界中がその行方に注目していた時、『撃墜するぞ』と脅していた中国人民解放軍は、米軍の電子システムの妨害を受け、ペロシ議長の飛行機の位置を見失っていました。

中国「台湾問題と新時代の中国統一事業」白書を発表

中国国務院台湾事務弁公室と国務院新聞弁公室は、「台湾問題と新時代の中国統一事業」に関する白書を発表し、台湾が中国の一部であるという事実と現状をさらに再確認し、中国共産党と中国国民が祖国統一を追求する確固たる意志と強い決意を示しました。