黄大仙の blog

何にでも首を突っ込みたがる好奇心旺盛なOJISANブログです。

チベット

国際人権団体、中国当局によるチベットでの大量DNA強制収集の証拠を公開

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)は、中国政府がチベット自治区で、幼稚園の子どもを含めた住民から強制的にDNA採取を進めていると非難する声明を発表しました。

国連専門家グループ、人権理事会を前に中国に人権侵害への対処を要請

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は、中国政府に対して「具体的かつ組織的な人権侵害に取り組むよう求める」ことを明らかにし、ウイグル人たちが強制収容されているとされる施設への訪問も含めて、透明かつ完全な調査の受け入れを求めました。

国際機関が中国によるオリンピックの政治化を非難 ダライ・ラマの転生への中国政府介入阻止を呼びかける

国際チベット運動(International Campaign for Tibet)は、中国政府による冬季オリンピックの政治化を非難し、ダライ・ラマの転生を妨害しようとする当局の意図を止めるよう国際社会に呼びかける声明を発表した。

バイデン政権、チベット調整官にウズラ・ゼヤ国務次官を任命 ダライ・ラマは期待を寄せ、中国政府は「内政干渉」と非難

米政府は、チベット問題担当特別調整官にウズラ・ゼヤ国務次官(民主主義・人権担当)を任命しました。亡命チベットの精神的指導者であるダライ・ラマ14世は、ゼヤ米国務副長官に祝福のの書簡を送り、中国は内政干渉に当たると反発しました。

中国による小国ブータンいじめは、南アジアを不安定にしている

中国とブータンの間では、1984年から国境問題をめぐる交渉が行われてきましたが、いまだに結論は出ていません。両国は先月、交渉の迅速化と外交関係の促進を目的とした覚書に署名しましたが、専門家は、中国が近年、ブータンの領土をじわじわ侵略していると…

ダライ・ラマは「現時点では台湾訪問は考えていない」と発言 中台関係はデリケート

チベットの精神的指導者であるダライ・ラマは、台湾海峡の緊張を理由に、現時点では台湾訪問を検討しないと述べました。

「チベットの平和的解放70周年」を記念式典開催 習近平総書記の肖像画展示 汪洋が出席

8月19日に中国がチベットを『解放』したとする日から70年を記念する式典が開かれました。チベット自治区・ラサのポタラ宮前の広場で開かれた式典には、習近平総書記の巨大な肖像画が設置されました。

甘粛省臨夏回族自治州永靖県にあるチベット仏教寺院の紅城寺が封鎖され、僧侶たちは還俗を強制された。

中国地方政府による蛮行がSNSに流れていました。 甘粛省臨夏回族自治州永靖県にあるチベット仏教寺院の紅城寺が封鎖され、僧侶たちは還俗を強制されました。

習近平が総書記就任後初めてチベット・ラサを訪問 チベット完全制圧の宣言か

中国共産党の習近平総書記が、7月22日にチベット自治区のラサを訪問しました。2012年の就任以来初めての訪問となります。国際人権団体ヒューマン·ライツ·ウォッチは、「チベットを訪れるのは習近平ではなく、亡命中のチベットの精神的指導者であるダライ·ラ…

チベット人僧侶4人がWechatで海外に送信して最高20年の懲役刑 ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW):チベットの人権に『パーフェクト・ストーム』のような嵐が吹き荒れている

ニューヨークに拠点を置く人権団体のヒューマン·ライツ·ウォッチは、中国チベット自治区の当局が 「4人の僧侶をでっち上げの罪で起訴し、最高20年の懲役刑を科した 」とする報告書を発表しました。

チベット亡命政府も国際社会に北京冬季五輪ボイコットを呼びかける

チベット亡命政府の最高政治指導者のペンパ・ツェリン氏は、中国共産党によるチベット自治区での「文化的虐殺」に抗議し、2022北京冬季オリンピックをボイコットするように国際社会に呼びかけました。

26年前に6歳で中国共産党に連れ去られたパンチェン・ラマ11世 アメリカが釈放を呼びかけ

5歳で中国共産党に連れ去られたパンチェン・ラマ11世は、失踪したまま4月25日に32歳の誕生日を迎えました。 米国国際宗教自由委員会(USCIRF)は、中国共産党に対し、改めて彼の居場所を公開するよう求めるとともに、当局によるチベットへの迫害を非難してい…

中国共産党は少数民族の同化を加速させている。 チベット、ウイグル、南モンゴルで同化が進む

昨年2020年は中国内の少数民族に対する、中国共産党による同化政策が加速した1年でした。米国の人権団体によると、中国共産党の習近平総書記は、国内の50以上の少数民族を一つの国民性に同化させるための政策を推進していると指摘しています。 //

台湾保証法とチベット政策支援法が米国で成立 中国共産党幹部が転生ダライ・ラマの無許可選出すれば制裁

米国の上院下院で可決されていた台湾保証法と、チベット政策支援法に、12月27日にトランプ大統領が署名して法律として成立しました。チベット政策支援法は、中国共産党がダライ・ラマやチベットの宗教団体の同意なしに、次の転生仏を選択した場合には、関係…

チベット亡命政府首相が初のホワイトハウス訪問 米国はチベットが武力占領されていると認める。 中国共産党の反発必至

チベット亡命政府の首相であるロブサン・センゲ氏は、11月20日の午後にホワイトハウスを公式訪問しました。チベット亡命政府首相のホワイトハウス訪問は初めてです。これにより中国共産党政府の米国に対する不満が高まることが予想されます。 //