黄大仙の blog

何にでも首を突っ込みたがる好奇心旺盛なOJISANブログです。

経済

国安法施行後、外国企業の流出が続いた3年間、香港経済は栄光を取り戻せるのか?

中国政府による3年にわたる厳しい「ゼロコロナ政策」と香港国家安全法(2020年成立)の施行により、香港から外国企業が大量に流出しています。 ゼロコロナ政策は解除されたが、米国の学者たちは、香港が国際金融都市としてかつての栄光を取り戻せるかどうかを…

ドイツ紙の分析:ゼロコロナが終了 して中国経済は良くなるのか?

中国国家統計局の発表によると、2022年の中国のGDPは前年比3%増にとどまり、当初目標の5.5%増を大きく下回る結果となりました。 経済低迷の最大の原因と考えられていたゼロコロナ政策が放棄された今、中国経済は以前のような高い成長率に戻ることが期待で…

中国に半導体製造装置を輸出するかどうか オランダ政府内にもねじれ

オランダ政府は、半導体製造装置メーカーのASMLが最先端半導体製造装置を中国に輸出するのを規制するため、米国からの規制強化の要請を受け入れる見通しであることが分かりました。 しかし、オランダ政府とASMLが悩んでいるのは、そうすることでASMLの収益が…

米国の対中国半導体規制がマカオにも拡大、即時適用開始

米国のバイデン政権は、中国が制裁逃れにマカオを利用することを防ぐため、中国に対する半導体規制をマカオに拡大しました。

ドイツ企業、ロシア不要の中国向け鉄道輸送線に投資

ロシアを通る北方シルクロードは、中国とヨーロッパ間の鉄道輸送の架け橋になっています。 しかし、ウクライナ戦争以来、ドイツ企業はプーチンを必要としない中国へのルートを探しています。

中国東方航空と中国南方航空が上場廃止を申請 中国国有企業が全て米国証券取引所から撤退

中国の国有企業である中国東方航空と中国南方航空が、ニューヨーク証券取引所から自主的な上場廃止を申請したと発表しました。米国の金融市場における中国企業の運命が再びホットな話題となっています。

ドイツは天然ガスの備蓄量が豊富 プーチンの誤算

1月14日にドイツで2番目の液化天然ガスターミナルが完成しました。 厳しい冬も終盤を迎え、ドイツの天然ガスの備蓄はまだ90%も残っています。 担当者は、来年の冬もドイツはガス不足を心配する必要はないだろうと言っています。

中国がオーストラリア産石炭輸入を再開へ 両国の関係は回復するか

中国は早ければ今年4月からオーストラリア産石炭の輸入を再開すると見られており、両国間の関係が険悪になってから3年、前向きで重要な一歩を踏み出したと言えます。

アップルの中国問題解決の切り札はインド

インドが生産拠点にふさわしい国として台頭してきています。 10年以内に、インドはアップルの生産拠点となる可能性があります。

中国国家統計局が最終検証データを発表 2021年(昨年)のGDP成長率を前年比8.4%に上方修正

中国国家統計局は27日に、2021年(昨年)の最終的な検証済みGDPを発表しました。2021年のGDPは、114兆9237億元(約2205兆円)となり、速報値よりも5567億元増加し、前年比成長率は8.4%となります。

ファーウェイとノキアが技術ライセンス契約継続で合意  米国メディア:米国の制裁への挑戦

通信機器中国最大手の華為技術(ファーウェイ)とフィンランドの通信機器世界大手ノキアは23日、スマートフォンとネットワーク技術の相互ライセンス契約を継続することで合意したと発表しました。

世界銀行、中国経済に厳しい見方、今年の成長率3%の可能性は低いと指摘

世界銀行は、中国の経済成長率の見通しを今年が2.7%、来年が4.3%と大幅に引き下げました。中国経済を否定的に見る理由としてゼロコロナ政策だけでなく、不動産部門の不振も挙げられています。

中国の11月の家計消費は急落、若者の失業率は高止まり

中国の11月の家計消費は、新型コロナの感染拡大と旅行制限の中で、予想をはるかに上回る急落を記録したことが公式数字で示されました。

米国とEU、中国の鉄鋼とアルミニウムに新たな関税を検討

米国と欧州連合(EU)が中国の鉄鋼とアルミニウムに対する新たな関税を検討していると報じられています。 中国はこれに反発し、自国の権益を守るために必要なあらゆる手段を講じると述べました。

深刻な経営危機にある恒大、電気自動車の量産を中止したとのか?

恒大グループが、受注不足により電気自動車の量産を中止したと報じられました。同時に、自動車部門の従業員の10%を解雇し、25%を1~3ヶ月の無給自宅待機にする予定であることが明らかになりました。

鄭州フォックスコンから新たに2万人が退職、11月のiPhone生産は30%以上減少

鄭州フォックスコン工場で、補助金政策をめぐって従業員の間で争いが起き、2万人以上の新入社員が鄭州フォックスコン工場から去っていきました。鄭州フォックスコン工場のiPhone生産台数は、11月に少なくとも30%減少する見込みです。

台湾の鴻海がカナダへの投資を発表、台湾カナダ協力関係がより緊密に

世界第20位の企業である台湾の鴻海グループが、カナダへの投資を発表しました。 カナダの国会議員も台湾への支持を表明しました。 中国からの脅威や威嚇に直面し、カナダと台湾の協力関係は緊密になっていると考える専門家もいます。

中国人民銀行幹部、来年の経済成長率を5%を呼びかけ、IMFは楽観視せず

中国人民銀行の幹部が、中国が経済成長を回復することが急務であるとし、2023年に5%の成長目標を設定すべきであると提案しました。地方政府はゼロコロナによる経済的圧迫を受け、景気刺激策を導入しようとしているが、うまくいくのでしょうか?

地方政府は元軍人や幹部を動員し、鄭州のフォックスコンで勤務させる

中国の厳格なゼロコロナ対策のために封鎖され、従業員が集団で脱出した河南省鄭州市の富士康科技集団(フォックスコン)工場のことは、世界的な関心を呼び、アップル社はiPhone 14の出荷台数予想を引き下げていました。河南省の地方政府は、元軍人や末端の幹部…

英国政府、中国系企業に半導体企業の株式売却を命令

英国政府は16日、中国企業に対して英国の大手半導体メーカーの株式を売却するよう命じました。

習近平は本当に「立法法」を改正して鄧小平を否定し、国を封鎖しようとしているのか?

中国の習近平指導部は、全国人民代表大会(全人代)の立法手続きを定める立法法の改正案を公表し、インターネット上でのパブリックコメントを求めています。

富士通が2nmチップを独自に設計! TSMCに生産を委託する予定

日本の富士通は、2nmの先端チップを独自に設計し、生産をTSMCに委託する計画であると報じられました。 富士通は高性能コンピューティング技術を用い、このチップを搭載したCPU(中央演算処理装置)製品を4年後に発売する予定とされています。

英国際貿易相、台湾訪問し蔡英文総統と会談へ 北京政府は怒りの反発

欧米の政府要人がまた一人台湾を訪問しました。 英国国際貿易省のグレッグ・ハンズ閣外大臣が11月7~9日の3日間台湾を訪問し、英国政府を代表して貿易交渉を行うとともに、台湾の蔡英文総統と会談しました。北京の中国政府は不満を募らせています。

中国への先端半導体技術の流出を阻止するため、米国が日本やオランダに圧力か

米バイデン政権が日本やオランダに対して、米国と共に中国への先端半導体技術の流出を阻止するよう圧力をかけるようだと報じられました

ドイツの世論調査:中国を信用できると考える人は9%

世論調査によりますと、中国を信頼できるパートナーと考えるドイツ人はわずか9%であることがわかりました。 5年前の36%と比較すると、その差は歴然としており、 わずか5年の間に、ドイツ人の中国に対する熱意と信頼が大きく冷めたことは明白です。

大阪万博に「台湾」名義で参加できず 台湾外交部:より大きな国益のために現実的で積極的な対応を

中華民国(台湾)が2025年大阪・関西万博に「台湾」名義で参加できないことを巡り、野党・国民党の立法委員(国会議員)から、日本に抗議するよう台湾政府に求める声が上がりました。

人民元が対ドルで14年ぶりの安値に下落、今年中に7.5を下回る可能性も

人民元は米ドルに対して下落を続けており、10月21日には2008年の世界金融危機以来の最低水準に落ち込みました。人民元安の余地はまだ残っていると考えているエコノミストは多くいます。

中国の9月のCPIが上昇 2020年4月以来の高率

中国の9月の消費者物価指数(CPI)は、主に食品価格に牽引され、2020年4月以来最も上昇しました。そのため、中国当局が新型コロナ対策や不動産セクターの不振で打撃を受けた経済を後押しするため、追加の緩和政策を展開する余地は限られることになりました。

中国の若者の失業率は依然高いのに、第20回全国代表大会は危機を無視

中国共産党第20回全国代表大会(二十大)は10月22日に閉会しました。習近平が『共同繁栄』の実現を約束したものの、危機の解決策を提示することはできませんでした。 中国では失業率が過去最高を記録し、特に若者の雇用の見通しが立っていません。

習近平政権下の中国経済、苦しい10年に転落

かつて2019年初に、有名な持ち帰り用プラットフォーム「美团」の創業者である王興は、「2019年は過去10年で最悪の年かもしれないが、次の10年では最高の年だ」という言葉を投稿しました。当時は、王興も予言が当たるとは思っていなかったのではないでしょう…