黄大仙の blog

何にでも首を突っ込みたがる好奇心旺盛なOJISANブログです。

経済

新疆ウイグル自治区関連法案が発効し、米国の綿花、電池、ソーラーパネル産業への影響を懸念

米国でウイグル人強制労働防止法が6月21日に発効しました。何千ものグローバル企業が、サプライチェーンを新疆ウイグル自治区に依存しており、新法が完全に執行されれば、多くの製品が輸入禁止され、綿、バッテリー、ソーラーパネルなど多くの米国産業が影響…

台湾議員、中国向け半導体チップの販売削減を提案 中国による台湾農水産物の輸入禁止措置に対抗

中国が台湾の農水産物の輸入を、突然禁止したことに対する対抗策として、台湾の行政院議員である鄧振中氏は、中国への半導体チップ輸出を減らすことを提案しました。 これは中国のスマートフォンや電気自動車に打撃を与えることが見込まれます。

米駐中国大使、中国の「ゼロコロナ」政策が外資に影響すると発言、外交部が反論

米国のバーンズ駐中国大使が、中国の「ゼロコロナ」政策は外資にとって悪いニュースであり、マイナスの効果があると発言しました。これに対して中国外交部は、今年に入って、外国の対中国投資は増加しており、外国人投資家は、中国の経済・社会の発展に対し…

都市封鎖で経済が破綻 上海市の5月の工業総生産は前年比27.6%減少

2ヶ月に及んだ新型コロナウイルス対策の都市閉鎖が、上海経済に与えた影響が、公式統計にはっきりと表れています。 上海市統計局の発表によると、今年5月の工業生産は2341億人民元で、前年同月比27.6%の減少となりました。

中国の全国都市部失業率が0.2ポイント改善、農民工失業率が0.4ポイント改善 中国当局発表

中国国家統計局の6月15日の発表によると、5月の全国雇用情勢は、失業率は低下し概ね改善しました。 全国都市部の失業率は5.9%となり、前月から0.2ポイント低下、このうち主要な就業者層である25歳から59歳の失業率は5.1%で、前月から0.2ポイント低下しまし…

中国が台湾産ハタの輸入停止 台湾はWTOに提訴も示唆

中国税関総署は、台湾産ハタの輸入を13日から一時停止すると発表しました。これを受け、台湾の農業委員会は世界貿易機関(WTO)へ提訴する可能性も示唆しました。

世界銀行、世界の経済成長率を2.9%に、中国の成長率評価を4.3%に引き下げ

世界銀行は7日公表した世界経済見通しで、2022年の世界の経済成長率を2.9%に引き下げると同時に、今年の中国の経済成長率を4.3%に下方修正しました。 エネルギー価格や食糧価格の高騰、ロシアのウクライナ侵攻による混乱などが原因としています。

UNISOCのチップセットに脆弱性。悪用されるとネットワークが切断される可能性 世界のAndroidスマホユーザーの10%に影響

中国の回路チップ設計会社の紫光展锐(UNISOC)のスマートフォン向けチップセットに、深刻な情報セキュリティ上の脆弱性があり、UNISOCのチップセットを使ったスマホがが使用不能になったり、再起動やクラッシュしたりする可能性があると報告されました。世界…

欧米の破壊的な制裁に直面する中国は、TSMCを押さえる必要がある

中国のエコノミストが、米国や西側諸国がロシアに課したのと同じように、中国に破壊的な制裁を課した場合には、TSMCを押さえる必要があると訴えました。

中国メディア:5月の製造業PMIは49.6%に回復し、景気が顕著に改善した

中国の5月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は前月比2.2ポイント上昇の49.6となりました。相変わらず臨界点の50を下回っているものの、先月より大幅に上昇しており、 中国国家統計局(NBS)は、製造業の生産と需要はともに程度の差こそあれ回復していると解釈し…

台米貿易・経済関係における大きなブレークスルー:自由貿易協定に向けた交渉の枠組みを確立する

台湾と米国は、新たな貿易協議「台米21世紀貿易イニシアチブ」を始動させ、今月末に米ワシントンで1回目の会合を開くことになりました。

中国の若年層失業率は過去最高の18.2%、専門家は補助金による救済を提案

中国国家統計局の発表によると、都市部の16~24歳の若年層の4月の失業率が過去最高水準の18.2%に達したことが分かりました。新型コロナの深刻な流行により中国経済の下押し圧力が強まる中、大学新卒を中心とした若者の雇用が不安定になっています。

台湾の蔡英文総統、「台商」ビジネスマンに台湾への回帰を呼びかけ

台湾の蔡英文総統は16日、アジア台湾商会聯合総会の第29期帰国訪問団を迎えた際、台湾企業の台湾への回帰を呼びかけ、台湾政府が産官学と研究の力を結集して台湾企業の産業高度化と国際市場の開拓を支援すると約束しました。

経済成長が著しいベトナムが、ついに中国に先んじたのか?

2022年第1四半期(1月~3月)のベトナムのGDP成長率は、前年同期比5.03%増となり、同時期の中国の4.8%増、シンガポールの3.4%増の経済成長率より高くなったことがわかりました。経済成長を続けるベトナムがついに中国をキャッチアップしたのでしょうか。

米国、対中懲罰関税の期限切れで延長を検討へ

米国が2018年から、中国からの輸入品に課している数千億ドルの懲罰的関税が、7月6日に期限を迎え、失効する予定になっています。米国政府は、米国企業の要請があれば延長される可能性があると発表しています。

封鎖管理と経済活動再開の矛盾の中で、習近平は経済を救えるのか?

中国共産党の習近平国家主席をはじめ最高指導部は、感染症が経済に与える影響を前にして、ゼロコロナ政策の堅持を主張しています。 同時に、中国当国は急激な景気悪化に歯止めをかけるため、テクノロジー企業への規制措置の停止を計画していることも明らかに…

4月の中国製造業景況感、引き続き低下、26ヶ月ぶりの低水準に

新型コロナ感染が拡大している中国で、4月の工場活動が26カ月ぶりの低水準に落ち込み、世界第2位の経済大国が直面している悲観論に拍車をかけています。

財政難か?習近平からの圧力か? 海外大ニュースサイト「多維新聞」閉鎖

1999年に開設された中国語のニュースウェブサイトで、アメリカ合衆国ニューヨークに拠点を置き、中華人民共和国の政治ニュースを専門的に扱っていた多維新聞が、26日午後4時から更新を停止し、23年の歴史に幕を下ろしました。 サイトの閉鎖は、さまざまな憶…

中国が石炭輸入関税を一律ゼロに。誰が本当の受益者か?

中国当局は、5月1日から各種石炭の輸入関税をゼロに引き下げます。世界的に石炭供給が逼迫し、石炭価格が高騰する中、エネルギー安全保障を確保するための中国が新たな動きを示しました。

中国経済が問題だらけなのに、なぜ公的統計では活況を呈していることになっているのでしょうか?

大躍進運動当時、毛沢東政権下では、恐怖心からか無知からか、右派の烙印を押されることを恐れた地方の指導者が、穀物生産量を偽っていました。今日、 一部のエコノミストは、この悪循環が再び始まるかもしれないと見ています。

ロシアメディア:中国のクレジットカード処理会社(中国銀聯)がロシアの銀行との協力を拒否

クレジットカード処理会社である中国銀聯(UnionPay)は、制裁対象になることを恐れてロシアの銀行との取引を拒否しました。マスターカードとビザに次ぎ、ロシアの銀行へのサービス提供を停止したことになります。

中国の第2四半期成長率は4%以下になる恐れ、4月の失業率は6%に上昇

中国国家統計局が18日に発表した今年第1四半期(1月~3月)のGDP成長率は年率換算で4.8%と低調な結果でした。しかし香港大新銀行は、第2四半期(4月~6月)のGDP成長率は4%を下回る可能性があることを示しました。さらに4月の失業率は6%に上昇する見込みです。

第1四半期の中国の住宅販売が大幅減 不動産不況が長期化する恐れ

3月の中国の新築住宅販売は、前年同月比29%減少し、昨年7月以来の大きな前年割れを記録したことが公式発表され、新型コロナウイルスの感染が再び広がっており、不動産不況が長期化する恐れがあります。

今日はロシア、明日は中国? 欧州の中国原料依存の危険性は? 日本は原料の中国依存から脱却できるのか?

スマホ、風力発電機、電気自動車、太陽電池 - 工業用金属原料採掘現場 とレアアースなしには、私たちの日常生活に欠かせない様々なハイテク製品は成り立ちません。 問題は、主要原材料の多くが中国産であることです。私たちにとって、この依存はどれほど危険…

上海の封鎖継続で5月も生産停止の危機

上海都市封鎖の継続による経済活動への影響は拡大し続けています。 テスラの上海メガファクトリーはこれまでに半月以上生産を停止しており、地元の電気自動車メーカー小鵬汽車の幹部やファーウェイ幹部は、上海が生産を再開しなければ、上海のサプライチェー…

上海の企業は、都市封鎖下の経済を維持するために「スタッフが会社に住み込」んでいる

上海は、2年前に武漢を襲った新型コロナ感染拡大よりも深刻な感染拡大に見舞われています。上海の金融の安定を保ち、輸出入を正常化し、人々の生活のための物資を迅速に配備するために、上海では「企業生活」が優先と考える人たちがいます。

中国が人民元で購入したロシア産のエネルギーが続々と中国に到着

ウクライナ侵略戦争を開始したロシアに対して国際社会が制裁を課していることを横目に、人民元で決済されるロシア産の石炭や石油が続々と中国に到着し始めています。

現代のシルクロード「中欧班列」 中国-ヨーロッパの鉄道貨物大幅に減少

現代のシルクロードと呼ばれる、中国とヨーロッパを結ぶ貨物鉄道「中欧班列(トランス=ユーラシア・ロジスティクス)」。EUの対ロシア制裁以降、鉄道コンテナの輸送量が大幅に減少しているとのことです。荷主は商品の安全性を懸念し、ロシア経由を避けています…

中国ハイテク株は力強く反発  過去の栄光を取り戻せるか

中国のハイテク株は2020年後半から、1年半にわたって下落していましたが、ここ数週間で強く反発しています。香港株式市場は今週に入っても大幅上昇し、京東系列の銘柄がハイテク株の上昇トレンドをリードしています。

王毅、タリバン政権発足後初めてアフガニスタンを訪問...中国企業が銅の採掘へ

中国の王毅外交部長はアフガニスタンを訪問し、暫定政府の幹部と会談しました。王毅外交部長は中国がアフガニスタンへの投資をさらに拡大する意向を示し、アイナック銅山が近く中国企業によって操業されることになりました。