黄大仙の blog

何にでも首を突っ込みたがる好奇心旺盛なOJISANブログです。

バイデンの民主主義サミットに対抗 中国、「中国の民主主義」に関する白書を発表

米バイデン政権主催の「民主主義サミット」が近づくにつれ、中国の首都北京ではハイエンドな民主主義討論会が開催され、中国国務院は『民主主義白書』を発表し、中国こそが真に「民主主義にふさわしい社会」であることを主張しました。

続きを読む

中国と台湾を結ぶ台湾海峡大橋 福建省から台湾まで車で1時間、高速鉄道で30分

中国台湾事務弁公室は、中国福建省と台湾を結ぶ台湾海峡横断の鉄道ハイウェイ建設計画があることを公表しました。

続きを読む

中国政府の圧力 滴滴出行(DIDI)が米国市場上場廃止を発表

中国のオンライン配車アプリ大手の滴滴(DIDI)は、123日香港での上場に向けた準備を進める一方で、ニューヨーク証券取引所からの即時上場廃止の手続きを開始すると発表しました。DIDIは、「慎重に検討した結果、今回の決定に至った」と述べていますが、米国市場上場廃止についての説明はありませんでした。

続きを読む

IOCが再び彭帅とビデオ通話、「安全を確認」主張し、北京冬季五輪ボイコットの潮流打ち消しに必死

世界的なテニスプレイヤーの彭帅選手が、もと中国共産党高官から瀬尾被害を受けたことを告発し、『行方不明』になった事件では、国際オリンピック委員会IOC)は2日、彭帅選手と再び連絡を取り、「安全」を確認したと発表しました。

続きを読む

フランスがリトアニアと台湾との関係を支持 中国の圧力に対抗する模範となるリトアニア

リトアニアは台湾との関係を強化し、首都ヴィリニュスに台湾名を冠した『台湾代表処』という駐在員事務所の設置を認めたことで、中国から報復を受けています。この動きに対し、フランス外務省は、フランスとEUリトアニアを全面的に支持し、EUの反脅迫措置を強化すると発表しました。

続きを読む

新疆の迫害への習近平の関与が判明。機密文書が明らかに。

ドイツの学者アドリアン・ゼンツ(Adrian Zenz)氏は1129日、新疆に関する新たな機密文書を公開し、習近平氏を含む共産党トップが2014年以降に新疆について行った発言が、その後、新疆政府のウイグル人迫害政策の基礎となっていることを明らかにしました。

続きを読む

中国の農村部は男余り 数千万人の男性が結婚相手を見つけられない

中国国家統計局が発表した「中国統計年鑑2021」によると、全31省の農村部の男女比は「女性よりも男性の方が多い」とのことです。有識者たちは、長年の一人っ子政策と、娘よりも息子を優先するという農村部の伝統的な概念が、男女比の不均衡の主な原因であると考えています。

続きを読む

中国の第3四半期の二酸化炭素排出量が予想外に減少 不動産不振が影響

中国の第3四半期の二酸化炭素排出量は、昨年新型コロナ対策の規制を緩和し、景気回復期に入って以後、初めて減少したことが明らかになりました。

続きを読む

中国政府は日本に対し、冬季五輪のボイコットに参加しないよう要請

中国の人権問題を理由に政府高官を、北京冬季五輪に派遣しない外交ボイコットをするかどうかを尋ねられた日本の林芳正外務大臣は、決定していないとした上で「検討する」と答えました。

続きを読む

やはり出た! 彭帅の友人が「彼女は性的暴行の問題はないと言っていた」と『彭帅のメール』を公開

中国女子テニス界のスター彭帅の、権力者による性的暴行の訴えは、彭帅の友人を名乗る男性が26日、彭帅からのメールとされるものを公開し、彼女のメールには「性的暴行の問題はなかった」と書かれていたと主張しました。

続きを読む

IT企業へさらなる規制の強化? テンセント、中国当局の規制試験によるアップデートの停止

中国当局はテンセントの規制を再び強化し、すべてのアプリの更新を停止させると噂されています。 これに対してテンセントは、さまざまな対策を引き続きアップグレードしており、規制当局と協力して通常のコンプライアンステストを実施しています。

続きを読む

中国が1年ぶりにオーストラリア産石炭を通関 中国内の石炭供給量の不足が原因か

昨年来中国とオーストラリアとの間には緊張関係があり、中国はオーストラリア産石炭の輸入を全面的に停止していました。しかし最近、中国は1年ぶりにオーストラリアからの輸入石炭を通関しました。 これは、中国が国内の石炭供給量の不足を補う意図があるとみられています。

続きを読む

彭帅からの告発で張高麗の素朴でクリーンなイメージが一気に崩れた

中国の副首相を務めていた張高麗は、比較的クリーンなイメージを持っており、彭帅から性的暴行スキャンダルが告発されるまでは、外部からは目立地ませんでしたが、彭帅の告発以後これまでに公の場に姿を現したり、発言したりしていません。

続きを読む

中国による小国ブータンいじめは、南アジアを不安定にしている

中国とブータンの間では、1984年から国境問題をめぐる交渉が行われてきましたが、いまだに結論は出ていません。両国は先月、交渉の迅速化と外交関係の促進を目的とした覚書に署名しましたが、専門家は、中国が近年、ブータンの領土をじわじわ侵略していると批判しています。

続きを読む

中国政府は親中派林芳正氏の外務大臣就任に大きな期待 

2次岸田内閣で、親中派林芳正氏が外務大臣が就任したことで、中国政府は中国と日本とが安定した友好関係を築けること期待してます。18日に王毅外交部長は林芳正外相との電話会談で、早期の訪中を要請しました。

続きを読む