黄大仙の blog

何にでも首を突っ込みたがる好奇心旺盛なOJISANブログです。

デフレ脱却か? 中国の消費者物価指数、3ヵ月連続で上昇傾向

中国の4月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比0.3%上昇し、3ヵ月連続で上昇傾向を維持しました。同日発表された工業生産者物価指数(PPI)は下落傾向が続いたが、下落率は縮小しました。しかしアナリストによれば、中国政府はもっと景気刺激策を講じる必要があり、そうでなければ5%の成長目標は厳しいだろうといいます。

続きを読む

香港律政司がグーグルに「香港に栄光あれ」の歌の削除を要請

香港の裁判所は『香港に栄光あれ』という曲に対し、分離独立を含む4種類の意図で配信を禁止する暫定的な差し止め命令を下しました。しかし、この曲はまだ検索エンジンのグーグルで見つけることができるので、香港律政司の林定国司長は、グーグルができるだけ早く対応することを期待していると述べました。

続きを読む

中国が南シナ海への浮体式原子炉の配備を進行中 東アジアにとって破滅的な結果をもたらしかねない

近年、中国が非常に不透明で政治的な浮体式原子力発電所の開発を進め、南シナ海20基を配備して南シナ海の島々を「原子力空母」に変貌させようとしていると、米軍は高い警戒感を抱いています。軍事専門家は、中国が南シナ海への浮体式原子炉の配備を固執すれば、南シナ海の生態環境を脅かすだけでなく、南シナ海での核戦争の危険性も高まると考えています。

続きを読む

台湾のWHO総会参加 在米華僑団体が国会議事堂で署名活動 中国は不同意を決定

世界保健機関(WHO)総会がスイス・ジュネーブ27日開幕します。だが、台湾にはいまだ招待状が届いていません。台湾のWHO会議参加を支持する在米華僑団体が国会議事堂で署名活動し、中国側は台湾の参加に同意しないことを決定しました。

続きを読む

中国国家安全部が警告:海外在住中国人は外国情報機関からの接触に注意しろ

中国国家安全部は、『非常に欺瞞的な』外国の諜報機関に対する警戒を促し、海外の組織が国のハイテク産業機密を盗むために海外在住の中国人スタッフに近づき、騙していると警告しました。

続きを読む

米第7艦隊駆逐艦、台湾総統就任式を前に台湾海峡を航行

台湾総統就任式を520日に控え、米海軍は8日、米第7艦隊の誘導ミサイル駆逐艦ハルゼーが同日、台湾海峡を通過したことを認めました。

続きを読む

バイデン政権、中国製医療用品に関税を課すらしい

バイデン大統領は、来週新たな貿易戦略を発表する際に、中国製の注射器や個人用保護具などの医療機器に新たな関税を課す見通しです。

続きを読む

中国、7月以後いつでも人々の携帯電話がチェックされる、空港ではすでに実施中との噂も

さきごろ中国は治安機関による法執行に関する2つの規則を発表し、法執行官が人々の電子機器を調査する権利を拡大し、今年7月から施行します。しかし、空港では税関職員がすでに旅行者の電子機器を無作為にチェックし始めているとの観測もあります。

続きを読む

2023年農民工モニタリング報告書を発表、農民工は前年に比べ増加、年齢が上昇

中国国家統計局2023農民工(出稼ぎ労働者)モニタリング調査報告書を発表しました。報告書によると、全国の農民工総数は2020年から増加を続け、昨年より191万人多い29753万人に達し、0.6%増加しました。

続きを読む

米インド太平洋軍新司令官:中国の領有権主張は違法で欺瞞的

米インド太平洋軍司令官に就任したばかりのサミュエル・パパロ提督は、インド太平洋地域における中国の侵入的かつ拡張的な領有権主張は「非合法」であり、「強圧的、攻撃的、欺瞞的」であると述べました。

続きを読む

中国、第1四半期に飲食店46万軒が休業 武漢の衛生局職員は給与30%カット

中国国家統計局の最新データによると、今年第1四半期に営業を中止・休止した飲食店は約46万件で、前年同期比約232%増、うち18万件が3月に廃業しました。武漢では、飲食店の経営者が「客がどんどん少なくなっている」と嘆き、地元の衛生職員は給料が30%カットされて月2000(43000)になったといいます。

続きを読む

福建省:婚姻女性だけに配偶者の財産照会権を付与 男女差別?

福建省人民代表大会常務委員会は3月末に、「福建省における女性の権益保護条例」を可決しました。本条例第6章第45条には、夫婦関係を証明する有効な書類を所持する女性は、法律に基づいて配偶者の財産状況を照会することを申請することができます。「この規定は女性の地位を向上させるが、男性の権利を無視するものだ」という意見も多く聞かれます。この規定の目的は何なのか?市民の権利と利益を平等に保護しているのでしょうか?

続きを読む

中国「改正国家機密保護法」5月1日から施行中、台湾大陸委員会がリスクへの注意を喚起

中国の「改正国家機密保護法」が51日から施行されており、台湾の大陸委員会は台湾国民に対し、中国への渡航リスクが飛躍的に高まる可能性が高いことを考慮し、中国への渡航の必要性について慎重に考えるよう呼びかけています。

続きを読む

グローバル・リーダーシップ調査:認知度1位ドイツ、2位アメリカ、最下位ロシア、アフリカでは中国がトップ

423日に発表されたギャラップ社による133カ国を対象とした新しい世論調査によると、グローバル・リーダーシップにおいてドイツがトップであることがわかった。また、アフリカにおいては中国がトップであることがわかりました。

続きを読む