黄大仙の blog

何にでも首を突っ込みたがる好奇心旺盛なOJISANブログです。

米中対立

秦剛がマスクと会談:中国と米国は危険運転を回避、双方が「ブレーキを踏む」ことが必要

アメリカの電気自動車大手テスラのイーロン・マスクCEOは5月30日、プライベートジェットで北京に到着しました。北京での初日、マスク氏はまず中国の秦剛外交部長と会談し、テスラ車に例えて、中米間の良好な関係構築には、ハンドルを握り、「危険運転」を避…

環球時報、欧米諸国は中国を理解していないと批判

中国は、米国などの西側諸国の中国に対する「偏った認識」をたびたび批判しているが、環球時報は、西側諸国の一部の「いわゆる中国通」が中国研究の素養がなく、反中政治勢力がパッケージ化しただけで、「偏見拡散の道化役」をしていると指摘しました。

人民元は米ドルを超えるのか?

中国政府が最近、人民元の国際決済を推進し、各国にドル決済を捨てるよう呼びかけています。しかし、人民元は本当に世界に通用するのでしょうか?専門家はどのように言っているのでしょうか?

米上院議員、バイデン政権に中国企業のクラウドコンピューティングプロバイダーへの制裁を要請

米国共和党の上院議員9人のグループは、国家安全保障上の懸念を理由に、ファーウェイやその他の中国のクラウドプロバイダーに対する制裁を課すよう、バイデン政権に要請しました。

CECC議長、習近平に新疆訪問のビザを求める書簡を送る

中国問題に関する米国連邦議会・行政府委員会(CECC)の議長である共和党のクリス・スミス下院議員は、中国大使館が新疆訪問のためのビザを発行するよう求める書簡を、中国の習近平国家主席に対して送付しました。

中国、米国による中国企業への制裁に反対の声、秦剛外交部長はロシアへの武器供給なしを改めて表明

中国商務省は、米国が対ロシア輸出管理規則違反の疑いで、さらに中国企業を制裁リストに追加したことに抗議しました。同日、米国商務省産業安全保障局(BIS)は、中国企業12社を「国家安全保障や外交政策の利益に反する活動に従事した、従事している、または…

米中『冷戦』が過熱するなか、「熱戦」リスクも警告される

米国のシンクタンクや学者の間で米中の新冷戦の話が過熱する中、中国が米国との熱い戦争の準備をしているという分析が出てきています。中国の習近平国家主席が最近「戦争の準備」をテーマにした発言を繰り返し、一連の準備の動きをしていることが注目されて…

中国が南シナ海での米艦の不法侵入を非難、米国は否定、日常的な航行と発言

中国軍は23日、「米軍艦が南シナ海の中国領海に侵入した」と発表、中国外交部は「挑発行為」だと米国を非難しました。米側は「日常的な行動」と、中国側の言い分に反論しています。

中国政府がSMICやファーウェイなどへの支援を強化 米国制裁に対抗

米国の半導体制裁に対抗するため、中国はSMICやファーウェイなどの企業への支援を強化し、関連補助金の条件を緩和したり、政府が支援する研究に対する管理を強化したりすると、フィナンシャル・タイムズが伝えています。

米国が新たな半導体管理規則:中国におけるメーカーの操業に厳しい制限を課す

バイデン政権は、中国での半導体に対するより厳しい制限を導入します。 中でも、米政府の資金援助を受けている半導体メーカーは、中国での事業展開が制限されることになります。

米国の制裁により、中国のハイテク企業の投資判断が変わる

中国の長安大学による最新の研究によると、中国の研究開発への投資が大幅に増加しており、米国による中国のハイテク分野への制裁が影響しているとみられています。

米国、中国の "BGI"や "浪潮(インスパー)"など37社を貿易ブラックリストに掲載

バイデン政権は、中国の遺伝子関連大手BGI(華大基因)の系列企業2社や中国のクラウド企業インスパー(浪潮集団)など37社を輸出規制の対象となる貿易ブラックリストに掲載しました。両国の緊張が一層高まるものと予想されます。

蔡英文総統が今年5~6月に訪米との噂、台湾外交部は「まだ公開できる情報はない」とコメント

蔡英文総統が5月か6月に米国を訪問し、母校のコーネル大学で講演するのではないかとの情報が流れました。台湾外交部の劉永健報道官は、ハイレベルな訪問の手配は常に台湾外交部の優先事項であり、「もし具体的に計画があるならば、大統領府と外交部の両方が…

米中激論 中国:米国こそが新疆ウイグル自治区とチベットの上空に気球を飛ばしている

米国は中国が気球艦隊を保有していると主張し、中国は米国こそが新疆やチベットの上空に気球を飛ばしていると批判するなど、米中間の気球をめぐる議論が続いています。米上院は15日に、中国を非難する2つの決議案を可決し、中国全国人民代表大会外交委員会は…

米国、「中国の偵察気球」に関与した中国企業6社の貿易ブラックリスト入りを発表

米国上空での中国製高高度気球の発見を受け、米国商務省は新たに、気球および関連部品を含む人民解放軍の航空宇宙開発計画の支援に関与した中国企業6社を、貿易上の取引制限リストであるエンティティーリストに掲載しました。

米国、中国のスパイ気球が多くの国家の主権を侵害していると指摘 数十カ国と情報を共有

米国は、中国の監視気球が過去数年間に少なくとも5大陸で目撃されており、米国政府はこの作戦に関する情報を共有するために同盟国と連絡を取り合っていると述べました。

バイデン政権、米国企業のファーウェイからの全面切離しを検討中

バイデン大統領は現在、インテルやクアルコムなどすべての米国企業からファーウェイへの供給を停止することを検討しており、米国政府当局は中国の技術部門に対する包囲網を広げています。

中国に半導体製造装置を輸出するかどうか オランダ政府内にもねじれ

オランダ政府は、半導体製造装置メーカーのASMLが最先端半導体製造装置を中国に輸出するのを規制するため、米国からの規制強化の要請を受け入れる見通しであることが分かりました。 しかし、オランダ政府とASMLが悩んでいるのは、そうすることでASMLの収益が…

米国の対中国半導体規制がマカオにも拡大、即時適用開始

米国のバイデン政権は、中国が制裁逃れにマカオを利用することを防ぐため、中国に対する半導体規制をマカオに拡大しました。

米下院に超党派の合意で中国委員会を設置

米国連邦議会で、中国の脅威に対処するため超党派の意見が一致し、民主・共和両党は、上院に中国委員会を設置することに合意しました。

米国過去最大の国防権限法が成立 王毅外交部長:中国は米国の強力ないじめに断固として対抗する

台湾への軍事支援を目的とした2023年度米国国防権限法が、連邦議会の上下院で超党派による賛成多数で可決された後、23日にバイデン大統領が署名して成立しました。中国共産党の王毅外交部長は25日、中国は強力ないじめに対抗するために断固として行動を起こ…

中国、米国をWTO提訴 半導体輸出規制

中国商務部は、米国の先端半導体対中輸出規制を巡り、世界貿易機関(WTO)に提訴したと明らかにしました。米国の保護貿易主義に対応するためであるとしています。

オランダは米国と連携して半導体製造装置の対中輸出規制を計画

オランダ政府が半導体製造装置の対中輸出規制を計画しています。半導体機器の輸出規制に関するオランダと米国の合意が、早ければ来月にも発表される可能性があります。

米国が台湾への4億ドル超の武器売却を承認、中国政府は怒りを持って非難:言ってることとやってることが違う

台湾支援のために米国が最新の武器を、台湾に売却することを決めました。これに対し中国国防部は、米国が一方で中国を承認しながら一方では台湾に武器売却する「偽善性」に怒りの声を上げました。

米上院共和党、中国共産党員全員の米国への観光ビザ取得を禁止することを提案

米国上院情報委員会の副委員長であるマルコ・ルビオ上院議員と複数の共和党議員が、中国共産党員9300万人全員への観光ビザ発給を禁止する最新法案を提出しました。

中国への先端半導体技術の流出を阻止するため、米国が日本やオランダに圧力か

米バイデン政権が日本やオランダに対して、米国と共に中国への先端半導体技術の流出を阻止するよう圧力をかけるようだと報じられました

米国、対中輸出規制を著しく強化

ウイグル人権問題や台湾の安全保障の問題など、米中両国関係が悪化する中、半導体技術は今や米中間の最新の戦略的競争分野となっています。 米国政府は、中国が米国の技術を軍事・経済競争に利用するのを抑制するため、中国への半導体製造や先端チップ製造に…

米国は中国の人工知能およびスーパーコンピュータ企業に対する新たな規制を計画

米バイデン政権は、高性能コンピュータに使用される米国技術への中国企業のアクセスを制限する新しい措置を発表する予定と報じられました。次世代兵器および大規模監視システムを開発しようとする中国政府の企みを抑制するための米国政府の最新の動きです。

中国序列3位の栗戦書、経済フォーラム出席のためロシアを訪問後、モンゴル、ネパール、韓国を歴訪

新華社通信は4日、中国全国人民代表大会常務委員会の栗戦書委員長が9月7日から17日までロシア、モンゴル、ネパール、韓国を訪問し、ロシアで開かれる第7回東方経済フォーラムの全体会議に出席すると報じました。韓国では尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が面会…

米国が関税撤廃を見送り  専門家:中国に関税をかけ続ければ、「自分たちが苦い果実を飲み込むだけ」

米国通商代表部は2日、通商法301条に基づき2018年に導入した中国製品に対する制裁関税について、見直しを続けながら維持する方針を示しました。